無料ブログ作成サービス JUGEM
速報です!
0

    岸和田祭!
    はじまりましたね!
    | 祭遊記 | 岸和田祭礼情報 | comments(0) | - | - |
    次の日曜日は!!
    0
      急にあったかくなりあっと言う間に桜のシーズンも終わり?いやいやまだまだ咲いてるところも多いみたいですよ!
      今年はなんかおかしいぞ!(笑)

      ということで…(笑)

      今年は3月26日に岸和田市大手町が。


      またら4月2日には上町のだんじりが。


      そして次の日曜日23日には岸和田市中北町の。


      だんじりの入魂式が行われます!

      平成18年に新調された中北町のだんじりですが、新調より10年が経過し、メンテナンスも兼ねた大修理が行われました。



      当日は午前5時半にだんじり小屋を出発しこなから坂へ。
      岸城神社に宮入りして清祓式。
      その後御披露目曳行が行われます。



      岸和田で今年は3台のだんじりの入魂式が行われることになりますね!!

      次の日曜日が楽しみです!!
      | 祭遊記 | 岸和田祭礼情報 | comments(0) | - | - |
      桜咲く頃に。
      0
        前回の更新では岸和田市上町の大修理だんじりの入魂式のダイジェストをお伝えしましたが、今回はもうちょっと掘り下げてご紹介したいと思います^ ^


        昨年10月に地元植山工務店に搬入され、上町にとっては平成11年以来の大修理が始まりました。
        今回の修理ではだんじりの組み直しや大屋根と小屋根を新しくしたり旗台を新しく彫り変えたりと大掛かりな修理になりました。

        ↑新しく彫り変えた旗台

        10月より修理されていただんじりが3月26日に小屋まで持って帰って来ました。


        それから1週間後の4月2日。

        まだ朝の気温が5度という寒い中入魂式への準備が始まりました。
        平成11年には同じく植山工務店にて大修理。土台など骨組みのほとんどが入れ替えられ、5月16日に入魂式。
        そして平成22年には前の年の損傷箇所を修理するために植山工務店へ。4月18日に町内のみお披露目されました。
        そして今回、18年ぶりの入魂式が行われました。


        4月にこなから坂を上って岸城神社に参拝するのは昭和63年4月3日の大北町の先代だんじりの大修理だんじりの入魂式以来ですね!
        この年は翌週の4月10日に岸和田城築城400年祭のだんじりパレードが行われ、そのパレードに参加するために修理が早く行われました。

        上町のだんじりは昭和4年に制作。
        昭和3年に行われた御大典を記念して制作されたといわれています。

        新調当時は原木がだんじり3台分から良い木を選んで制作された素晴らしいだんじりとのことです。

        昭和4年に制作され、今年で88年。
        人間でいう米寿を迎えた上町のだんじり。
        今回修理され、100年に向けてまだまだ現役で曳行されることでしょう!
        昭和の銘だんじりはまだまだ岸和田の町を疾走しますよ^ ^


        たくさんの人々に見守られ、上町のだんじりは春の岸和田をすごい勢いで走り抜けます。

        上町のだんじりは昭和56年に大修理されています。平成11年にも大修理。
        そして今回平成29年と、18年に1度大修理されています。

        今の計算でいけば次の大修理は2035年!?
        そう考えたらすごい貴重な歴史的瞬間に、しかも桜咲く頃の岸和田城と共にだんじりがゆっくり抜けていくという本当に貴重な瞬間に立ち会えたということですね!
        岸城神社宮入り、籤取らずの【宮本弐番】
        上町の新たな歴史がまた始まりました!





        上町のだんじりに幸あれ!
        本当におめでとうございます!
        | 祭遊記 | 岸和田祭礼情報 | comments(0) | - | - |
        岸和田市上町入魂式!!
        0
          桜もいよいよ咲きはじめましたね!
          今日はまだ比較的暖かい気候で^ ^いよいよ春到来!となるでしょうか(^^;)

          まだ日曜日の疲労が残る今日…(笑)
          日曜日4月2日は岸和田市上町の大修理だんじりの入魂式が行われました!


          昨年10月に地元の植山工務店に修理に出し、この度完成してお披露目が行われました。


          4月にこなから坂を上がる入魂式というのは本当に珍しく、観客の方もたくさんおられました^ ^早朝の気温が5度(~_~;)曳き出しよりはるかに低い気温からのスタートでしたが、すごいスピードでだんじりは疾走します!

          桜がまだ満開とまではいきませんでしたが、桜の花の横をだんじりが通る姿は新鮮でまた岸和田ならではの光景ですよね^ ^

          お城のまわりをゆっくりと歩くだんじり。岸和田でしか見れないこの姿!
          勢いの中にも情緒たっぷりの光景に浸っていました。



          岸城神社に宮入りし、だんじりの安全を祈願。また今年の祭も盛大に行われますように。



          各町のお祝いやお出迎えの間をすごいスピードで走り抜ける上町のだんじり。
          これぞ岸和田祭!!
          と言わんばかりの勇壮さ!本当に素晴らしい入魂式でした!

          みなさんの顔も素晴らしく爽やかな顔でまたきれいになっただんじりを大切にこれからも共に歩むことでしょう。

          もう1回上町の入魂式について書きたいと思います^ ^

          フリーペーパー版の表紙も決まりました^ ^

          ではまた!
          | 祭遊記 | 岸和田祭礼情報 | comments(0) | - | - |
          きれいになって帰って来ました!
          0
            週明けから岸和田は雨…
            偏頭痛持ちの私にとっては…辛い週明けになってしまいました(~_~;)

            さて、12日の日曜日に見せていただいただんじりはここ!



            岸和田市大手町のだんじりが岸和田市大下工務店にて修理され、町内に戻ってきました!



            小屋に戻ったら、すぐに太鼓を取り付け…

            なにやら準備が…。


            3月26日にお祓いのあと、お披露目で町内を曳行されるそうです!



            とこの方に教えていただきました(笑)



            昭和15年に制作に、植山宗一郎・彫物は木下舜次郎により制作された大手町のだんじり。
            今回の修理では、昨年の祭での破損箇所が主な修理で、見事にきれいに戻ってきました!



            26日が楽しみですね!

            飲み物までいただきありがとうございましたm(_ _)m

            | 祭遊記 | 岸和田祭礼情報 | comments(0) | - | - |
            現在大修理中^ ^
            0
              朝からえらい雨が降って目が覚めました(>人<;)
              ってことで先に更新したいと!!

              さて、先日は熊取町和田のだんじりが大修理中との記事をアップしましたが。
              今回はこのだんじり。

              岸和田市中北町のだんじりです!
              平成18年7月16日にだんじり新調入魂式が行われた中北町のだんじりが、新調より10年のメンテナンスのために岸和田市畑町にある井上工務店にて修理されています。

              中北町のだんじりといえば、正面土呂幕の『石川五右衛門の香炉取り』
              写真は石川五右衛門の顔ですが、厳つい顔してますね!
              先代だんじりの土呂幕正面にも同じ図柄が!

              先代は木下舜次郎師の作。
              そして現在は木下健司師の作。

              時代を越えて祖父と孫が同じ町の同じ場面を彫られています。

              先代だんじりは昭和32年新調のだんじりで、現在は同じ地区の南上町のだんじりです。

              正面土呂幕に石川五右衛門の香炉取りが彫られているのはこの2台だけです!
              中北町のだんじりの欄干は、大変貴重な木材でもある『黒柿』を勾欄合以外に使用したおそらく初めてのだんじりで、だんじりのいろんな場所に黒柿が使用されています。


              中北町のだんじりは、現在修理中で4月23日に入魂式が行われる予定になっております。

              ではまた( ̄^ ̄)ゞ
              | 祭遊記 | 岸和田祭礼情報 | comments(0) | - | - |
              今年は3台のだんじりが修理中!
              0
                昨日は阪神淡路大震災から22年。
                神戸市東灘区のだんじりを密着させていただいている私としても、その当時だんじりは、小屋は無事だったのか。祭をどのように行ったのか。たくさんの方々にお話を聞かせていただき、資料として保管したいと考えています。

                さて!!
                今年岸和田(最近では旧市と呼ばれてますが)では3台のだんじりが修理されております!

                まずは上町のだんじり。


                昭和4年に制作された上町のだんじり。
                現在平成11年以来18年ぶりの修理を植山工務店にて行われております。



                今回の修理は一部彫物の彫変えと屋根廻りの修理だそうで、4月に帰ってくる予定とのことです。
                だんじり小屋の扉も一新されるそうですよ!

                次は中北町のだんじり。


                平成18年に制作された中北町のだんじりが新調から10年曳行され、現在井上工務店にて修理が行われています。



                欄干を黒柿の木で制作された初めてのだんじりで、他にもたくさんの黒柿が使用されています。
                また先代だんじりから継承された土呂幕正面『石川五右衛門の香炉取り』。
                土呂幕正面にこの彫物があるのは、先代だんじり(現在の岸和田市南上町のだんじり)と中北町だけ!



                そして大手町のだんじり。
                前回お伝えさせていただきましたが、1月15日に清祓式が行われ、現在大下工務店にて修理中です。



                昭和15年に制作された大手町のだんじり。前回にもお伝えしましたが、姿千両と異名を持つ姿見が美しいと定評のあるだんじり。





                なんと…この3台のだんじりが全部4月に修理が完了する予定だそうです!!

                4月から岸和田のだんじりが3台も見れるなんて!楽しみで仕方ないです^ ^

                ではまた( ̄^ ̄)ゞ
                | 祭遊記 | 岸和田祭礼情報 | comments(0) | - | - |
                姿千両の銘だんじり
                0
                  今日は岸和田市大手町のだんじり修理に伴う清祓式。

                  昨年の破損箇所を岸和田市土生町二丁目の大下工務店にて修理が行われます。


                  大手町のだんじりは、昭和15年に大工:植山宗一郎。彫物は木下舜次郎により制作されただんじりです。今から19年前の平成10年に腰廻りの彫物を残し、それ以外を新調する大修理を大下工務店にて行いました。




                  大手町のだんじりは姿千両と云われるほど姿見が美しいと定評があり、平成10年の大修理では高さも大きくなり、より豪華なだんじりになりました。

                  大下工務店での修理が終わって帰って来るのが楽しみですね!

                  あしたは奈良県にある岸和田型だんじりについて書きたいと思います( ̄^ ̄)ゞ

                  今日はここまで( ̄^ ̄)ゞ
                  | 祭遊記 | 岸和田祭礼情報 | comments(0) | - | - |
                  今年年番長だった町。
                  0
                    きのうから荒天の中ですが、皆さんは大丈夫でしょうか?
                    また新潟県糸魚川市の大規模火災で被災された方々にお見舞い申し上げます。

                    さて、今日は岸和田市紙屋町の餅つきでだんじり小屋を開けられてました^ ^



                    紙屋町といえば今年の岸和田祭で年番長を務めた町です。

                    紙屋町のだんじりは平成3年7月14日に新調だんじりの入魂式が行われました。
                    先代は天保12年の作で紙屋町で150年曳き続けられて平成2年に昇魂式。現在は岸和田だんじり会館にて展示されております。
                    先代だんじりを引き継いだ彫物が多く、見送りには先代と同じ三国志、土呂幕正面には川中島の合戦が彫られております。このだんじりは大工は中之浜町にありました天野工務店、彫物は淡路島の松田正幸師によって制作された、岸和田では昭和32年の中北町(先代)の新調以来の新調だんじりです。岸和田の新調ブームは紙屋町からと言っても過言ではないかもしれませんね!



                    最近では平成25年に植山工務店にて大修理が行われ、6月9日に入魂式が行われました。

                    平成3年の新調の時、私は小学5年生。
                    岸和田で初めて見る新調だんじりに大興奮したのを今でも鮮明に覚えています。

                    他地区では、この年に春木宮本町や小松里町など新調ブームの真っ最中でしたが、岸和田…今は旧市と呼ばれていますが…いつからなんでしょうね…あえてここは岸和田で!岸和田での新調だんじりを見たのが初めて。
                    しかも同じ小学校区での新調だんじりでものすごく興奮しました!
                    新しいだんじりのけやきの香りなどもすごく羨ましく感じたこともありました。

                    今度また昇魂式についても書いてみようかな^ ^

                    っということで、今日もど田舎もんがお届けしました( ̄^ ̄)ゞ
                    | 祭遊記 | 岸和田祭礼情報 | comments(0) | - | - |
                    平成28年 岸和田だんじり祭
                    0
                      平成28年9月17・18日…
                      岸和田だんじり祭が開催されました。


                      22台の地車が勇壮に曳行し、豪快なやりまわしが披露され多くの方が見学に訪れていましたよ!







                      昨日の本宮は少し雨が降りましたが無事に終了し、岸和田の街は来年の祭が今日からスタートしています!







                      また改めて記事をアップしていきますので、『祭遊記』を宜しくお願い致しますm(_ _)m

                      http://saiyu-ki.net/
                      | 祭遊記 | 岸和田祭礼情報 | comments(0) | - | - |