無料ブログ作成サービス JUGEM
また新たに平成の銘だんじり誕生!
0
    憲法記念日の5月3日。
    憲法改正論などいろいろ日本も転換期を迎えようとしている今日この頃。



    貝塚市で新たなだんじりの誕生です(^^)

    貝塚市名越のだんじりです!
    植山工務店と木彫片山の手により見事に制作され、本日入魂式が行われました?



    一見古風な姿見の中にたくさんの新たな試みが織り交ぜられた素晴らしいだんじり!


    欄干中央にある番号持も今までにないものが施されていました(^^)


    昔からの伝統を引き継ぎながらも新たなだんじりと共にまた新たな歴史を刻んでいく名越の新調だんじり!



    今日はひとまずこれくらいにしますが、写真を整理していろいろと書けたらと思っています(^^)


    また今日から始まった神戸市東灘区のだんじり祭!
    今日は少しアクシデントがあり時間短縮など…いろいろありましたが、明日からは住吉地区のだんじり祭も始まります!
    今年大改修された茶屋區のだんじりや、2年後に新調を控えている住之江區のだんじりなど見応え十分です!



    明日は住吉地区で私はいます(^^)



    名越の皆さん!だんじり完成おめでとうございます!!

    ではまた(^^)
    | 祭遊記 | 貝塚市祭礼情報 | comments(0) | - | - |
    麻生郷の銘だんじりが!!
    0
      2月ももう最後の日曜日(~_~;)日が経つのは本当に早いもので…もう年度末ではないですか(@_@)
      さて…今日は朝から2台のだんじりを見せていただきましたm(_ _)m



      貝塚市小瀬のだんじりが岸和田市にある大下工務店にて修理され、今日町へ帰ってきました!

      朝の9時頃に行くとすでにだんじりは町に帰って来ており、飾りもされていました。
      私自身このだんじりの祭の際にはよく見せていただきますが、ゆっくりと見せていただくのが初めてで興奮気味^ ^いつもより早く起きてしまいました(^^;)




      小瀬のだんじりは昭和12年に制作、翌13年に完成されただんじりで、大工棟梁は植山宗一郎。彫物は吉岡義峰など当時の名工がたくさん携わっただんじりだそうです。



      平成16年に大下工務店にて大修理され、現在の姿見になっています。
      写真は枡合正面。天の岩戸が彫られています。



      また見送りは二重見送りになっており、上は本能寺の変。下は大阪夏の陣となっています。




      前の交差旗と後旗は平成26年に制作された新しい旗です。



      ゆっくりと見せていただき、かなり大型のだんじりだなと個人的に思いました。
      姿見がドッシリと凛々しくまた美しさもあるようなだんじりでした。



      今回は入魂式の神事のみでだんじりの曳行はなかったのですが、大阪場所前だからでしょうか?それとも地元の方なのか、力士の方がたくさん来られ記念写真を撮る場面も^ ^



      そしてだんじりはまただんじり小屋に納められ、今年の祭に備えます。



      小瀬のみなさん!
      修理完成おめでとうございます!

      | 祭遊記 | 貝塚市祭礼情報 | comments(0) | - | - |
      貝塚宮 太鼓台祭り(試験担ぎ)
      0
        貝塚中央商店街を太鼓台がゆっくりと巡行されています。
        駅前へと続く一本道を足並みを揃えながら担ぎます!





        試験担ぎは午後4時まで行われていますので、見学に訪れてはいかがでしょうか。

        http://saiyu-ki.net/

        | 祭遊記 | 貝塚市祭礼情報 | comments(0) | - | - |
        貝塚宮 太鼓台祭り(試験担ぎ)
        0
          7台の太鼓台が感田神社前に集結!



          休憩後、再び商店街方面に担ぎ出されて巡行しています!





          http://saiyu-ki.net/

          | 祭遊記 | 貝塚市祭礼情報 | comments(0) | - | - |
          貝塚宮 太鼓台祭り(試験担ぎ)
          0
            貝塚駅前の商店街から次々と太鼓台が担がれてきています!





            http://saiyu-ki.net/

            | 祭遊記 | 貝塚市祭礼情報 | comments(0) | - | - |
            貝塚宮 太鼓台祭り(試験担ぎ)
            0
              泉州地域において最も古い太鼓台祭りと称される、『貝塚宮 太鼓台祭り』の試験担ぎが始まりました!

              各町の太鼓台が南海本線 貝塚駅前の集まってきています!







              http://saiyu-ki.net/

              | 祭遊記 | 貝塚市祭礼情報 | comments(0) | - | - |
              見せていただきました!貝塚市橋本町だんじり!
              0
                本日、貝塚市南近義地区の橋本町のお知り合いの方から声をかけていただきまして、地車を見学させていただきました!

                平成16年5月3日に『原木祭(げんぼくさい)』が執り行われ、入魂式当日が雨の予報だった為に平成22年5月22日の入魂式前日に橋本町へ搬入されました!
                この地車新調の際には、製作時の映像を記録した『新調記録DVD』を弊社『祭色兼備』にて製作させていただいた当時の事を思い出すと、『地車新調から5年が経ったんだな。』という懐かしい気持ちがあります^_^



                さて橋本町の地車は平成22年5月23日に大工は植山工務店・彫物は木彫山本(山本仲伸師)の手によって製作された地車で、橋本町に伝わる『橋本伝承 弘法大師ゆかりの清水』が大屋根正面枡合に彫られております。
                この伝承は、弘法大師(空海)がこの橋本の地を訪れた際、村人たちが干ばつで困っていたそうな。そこで弘法大師は持っていた杖を使って水を湧き出させた!という物語で、この『清水大師堂』が橋本町に現存されており、清水が絶える事なく現在も湧き出ております!




                (大屋根正面枡合の『橋本伝承 弘法大師ゆかりの清水』)


                (大屋根正面枡合の題材となった『清水大師堂』)

                そして大屋根後面枡合には、これもまた南近義地域にまつわる『南近義神社縁起』が彫られており、許可をいただき見学させていただきました!
                これは夏に各町内で行われる『盆踊り』を表現しています。
                昔は神社などでも行われていたんでしょうかね。
                気になるところです^_^


                (大屋根後面枡合の『南近義神社縁起』)

                土呂幕正面には太平記・湊川ノ合戦より『橋本正員勇戦』という題材が彫られており、この武将は橋本町に所縁のある人物で、大きな斧を持っているのが特徴でこの斧が橋本町の『纏』にも施されております!






                (橋本町に所縁ある『橋本正員』)

                そして見送りは『根来戦記(ねごろせんき)』という題材が彫られており、こちらも地元に伝わる『根来衆(ねごろしゅう)』を主にした合戦で、町内にあったとされている『積善寺城(しゃくぜんじじょう)』を舞台とし、この城は永禄元年(1558年)に根来衆が岸和田藩の三好氏と戦った際に築いた砦とされております。
                天正13年(1585年)の豊臣秀吉の根来攻めの際には、こちらも橋本町に所縁のある『出原右京(いずはらうきょう』を大将として総勢9500名の根来衆が立て籠もったそうで、秀吉方の攻撃にも落城しなかった為、最後は貝塚寺内の『卜半最了珍(ぼくはんさいりょうちん)』の仲介によって和談開城した。と伝えられております。


                (見送りの『根来戦記』)


                (中央には豊臣方の武将『島左近』)


                (積善寺城で待ち構える根来衆逹)


                (橋本町に所縁のある『出原右京』)

                橋本町にしかない物がもう一つあるんです!それが『十二支』の番号持ちなのです^_^
                大晦日、除夜の鐘が鳴る中での午前零時の『元旦』を迎えた際に番号持ちの付け替えが行われます!
                今年は昨年度の『午』から『未』へと変わりました。
                一年に一つずつしか見れない、貴重な番号持ちですね!




                (元旦の午前零時に『未』へ付け替えられました)

                また『積善寺城跡』近くを流れる『近木川』に架かる橋『福永橋』が橋本町の旗台に施されております!


                (『近木川』に架かる橋『福永橋』)


                (橋本町の旗台に彫られた『福永橋』)

                同町内にまつわる彫物が随所に施されており、素晴らしい地車を見学させていただきまして感謝しています。

                本当にありがとうございました!

                http://saiyu-ki.net/






















                | 祭遊記 | 貝塚市祭礼情報 | comments(0) | - | - |
                貝塚宮・太鼓台祭り
                0
                  泉州地域の『夏』の風物詩。

                  『貝塚宮・太鼓台祭り』を紹介させていただきます。

                  7月5日に『試験担ぎ』が行われ、7台の太鼓台が勇壮に担ぎ出された!



                  貝塚宮・太鼓台祭りの歴史は、感田(かんだ)神社の祭礼『貝塚宮』の際に、願泉寺ト半家(がんせんじぼくはんけ)領であった貝塚寺内(じない)の各町から担ぎ出されるようになったものです。

                  貝塚宮にいつ頃から太鼓台が担ぎ出されるようになったのかは、明らかではないそうですが江戸時代に書かれた記録には、1741年(寛保元年)の旧暦6月14日に北之町から太鼓台が担ぎ出されたと記されており、これが最古の記録とされています!

                  また別の記録には1801年(享和元年)の旧暦6月の祭礼で、南之町と近木之(こぎの)町の太鼓台の間で喧嘩が起こった事が記されており、この頃には各町から太鼓台が担ぎだされていた事がわかります!

                  担ぎ出される7台の太鼓台を紹介していきます。

                  1台目は『大北町』です。
                  明治11年頃に製作され、大工は絹井嘉七?・彫物は高松彦四郎一門の手によるものです。
                  今年の6月28日には大修理入魂式が行われ、新しい彫物は木彫前田工房によって製作されました!


                  (大北町太鼓台)

                  2台目は『中北町』です。
                  幕末〜明治初年に製作されたそうで、大工は絹井嘉七?・彫物は高松彦四郎の手によるものです。枡合の彫物に『墨書き』が残っているそうです。


                  (中北町太鼓台)

                  3台目は『西町』です。
                  大正8年に製作され、大工は中町の樫本平吉・彫物は櫻井義國の手によるものです。義國が彫物を手掛けた唯一の太鼓台です!


                  (西町太鼓台)

                  4台目は『南町』です。
                  大正12年に製作され、大工は田端辰次郎・彫物は開正藤、生珉・上田徳弥・川島暁星の手によるものです。
                  南町太鼓台には紫檀・黒檀等の名木が使用されております!


                  (南町太鼓台)

                  5台目は『近木町』です。
                  大正9年に製作され、大工は田端辰次郎・彫物は麻田博・近藤泰山の手によるものです。
                  平成18年6月11日には25年振りの大修理が行われました。大工は植山工務店・彫物は近藤晃によるもので、土呂幕彫物・黒檀柱・金物・布団張り等を新調した!


                  (近木町太鼓台)

                  6台目は『堀之町』です。
                  大正12年7月1日に新調され、大工は成願楠松、実兄の松之助・彫物は上間庄平、吉岡義峰の手によるものです。
                  太鼓台の正面には『神巻』が吊るされており、泉州地域の太鼓台では珍しいそうです!


                  (堀之町太鼓台)

                  7台目は『中町』です。
                  平成4年に新調され、大工は大下工務店・彫物は木下賢治によって製作されました。別名『なかんちょ』と呼ばれており、感田神社の所在地である為、法被には『宮本』の二文字が!
                  大北町太鼓台と同じく、今年の6月28日に修理入魂式が行われました。


                  (中町太鼓台)

                  本祭りは7月18日(土)・19日(日)の2日間開催されます^_^

                  http://saiyu-ki.net/











                  | 祭遊記 | 貝塚市祭礼情報 | comments(0) | - | - |
                  貝塚宮・太鼓台試験担ぎ
                  0
                    太鼓台の試験担ぎが終了しました!



                    各町の皆様、お疲れ様でした。

                    http://saiyu-ki.net/

                    | 祭遊記 | 貝塚市祭礼情報 | comments(0) | - | - |
                    貝塚宮・太鼓台試験担ぎ
                    0
                      試験担ぎが始まりました!



                      http://saiyu-ki.net/
                      | 祭遊記 | 貝塚市祭礼情報 | comments(0) | - | - |