無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
今年は3台のだんじりが修理中!
0
    昨日は阪神淡路大震災から22年。
    神戸市東灘区のだんじりを密着させていただいている私としても、その当時だんじりは、小屋は無事だったのか。祭をどのように行ったのか。たくさんの方々にお話を聞かせていただき、資料として保管したいと考えています。

    さて!!
    今年岸和田(最近では旧市と呼ばれてますが)では3台のだんじりが修理されております!

    まずは上町のだんじり。


    昭和4年に制作された上町のだんじり。
    現在平成11年以来18年ぶりの修理を植山工務店にて行われております。



    今回の修理は一部彫物の彫変えと屋根廻りの修理だそうで、4月に帰ってくる予定とのことです。
    だんじり小屋の扉も一新されるそうですよ!

    次は中北町のだんじり。


    平成18年に制作された中北町のだんじりが新調から10年曳行され、現在井上工務店にて修理が行われています。



    欄干を黒柿の木で制作された初めてのだんじりで、他にもたくさんの黒柿が使用されています。
    また先代だんじりから継承された土呂幕正面『石川五右衛門の香炉取り』。
    土呂幕正面にこの彫物があるのは、先代だんじり(現在の岸和田市南上町のだんじり)と中北町だけ!



    そして大手町のだんじり。
    前回お伝えさせていただきましたが、1月15日に清祓式が行われ、現在大下工務店にて修理中です。



    昭和15年に制作された大手町のだんじり。前回にもお伝えしましたが、姿千両と異名を持つ姿見が美しいと定評のあるだんじり。





    なんと…この3台のだんじりが全部4月に修理が完了する予定だそうです!!

    4月から岸和田のだんじりが3台も見れるなんて!楽しみで仕方ないです^ ^

    ではまた( ̄^ ̄)ゞ
    | 祭遊記 | 岸和田祭礼情報 | comments(0) | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: